GPJ-VCの役割

ロンドンについて

株式市場について

ロンドンについて

ロンドンについて

英国市場の金融について 英国の金融情報

「英国市場の金融について」

現在の英国金融市場については、ロンドン証券取引所(現在世界第6位)の規模を誇り、世界の主要取引期間として、大きな影響力を持っている市場となっています。
ロンドン証券取引所(LSE)は、London Stock Exchange GroupのLondon Stock Exchange plcが運営する、英国のロンドンのシティにある証券取引所です。前身は、証券の取引や情報の交換が頻繁に行われていた「Jonathan's Coffee House」というお店で1760年に結成された会員制取引クラブで、それが1801年に改名されて「ロンドン証券取引所」が設立されるに至った。英国には、1960年代初頭には英国国内に22の証券取引所が存在していましたが、現在では皮肉な事に、英国病の影響も大きく有り同取引所が英国唯一の証券取引所となっています。
 ロンドン証券取引所は、アメリカのニューヨーク証券取引所と日本の東京証券取引所と並んで「世界三大証券取引所」に挙げられており、世界金融経済の中枢を担っている。特にEU諸国資本などの大規模な投資家基盤があり、世界的に資金調達がしやすく、また世界的に知名度を上げるPR効果が高いため、英国以外の優良企業なども数多く上場している。なお、同取引所の代表的な株価指数には、時価総額が最も大きい100社を対象としたFTSE100があります。FTSE100はロンドン証券取引所に上場している企業の時価総額が大きい企業上位100社を平均し株価1000を基準値に投資対象としている物となります。

お問い合わせ・資料請求はコチラ

  • 03-4589-9060
  • 平日 10:00〜18:00
  • お問い合わせ